Windows 10でのデュアルパリティ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/3/4 4:55
toshi  新米   投稿数: 4
「薩摩藩中仙道蕨宿別邸」の記事に触発されて記憶域スペースをいろいろ試しています。
コンシューマOSで試している酔狂な人は多くないと思いますが、Windows 10 Pro for Workstations (20H2)で、PowerShellを使ってデュアルパリティにチャレンジしています。

「薩摩藩中仙道蕨宿別邸」の記事では、クォーラムの関係から7台のHDDで構成しても容量は5/7ではなく4/7になると記載されているのですが、実際に試してみると
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName StoragePool -FriendlyName StorageSpace -ProvisioningType Fixed -ResiliencySettingName Parity -PhysicalDiskRedundancy 2 -NumberOfColumns 7
とすると、-Sizeで5/7相当の容量まで指定でき、実際に仮想ディスクが作成できて正常にアクセスできるように見えます(逆に4/7相当で指定すると大きな空きプール容量ができる)。

分析に用いられていたWindow Server 2012 R2の頃と、いまのWindows 10とでは仕様が変更されているのでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/3/5 8:33
toshi  新米   投稿数: 4
前の投稿で「クォーラムの関係から」というのは誤解でした。パリティ情報の演算方法の違いですね。
「1ストライプ列あたり、グループ毎に演算したパリティ情報(2つ)と全体で演算したパリティ情報(1つ)の2種類、合計3つのパリティ情報が書き込まれます。」(「ベストプラクティス」より)

で、その後も試してみると、GUIで作成するとNumberOfColumnsは6となりStorageEfficiencyは66.7%、PowerShellで明示的に-NumberOfColumns 7 -UseMaximumSizeを付けて作成するとStorageEfficiencyは71.4%になりました。

これから推測するに、ディスク使用効率は(NumberOfColumns-2)/(NumberOfColumns)になっているような気がします。Windows 2012 R2での挙動とは違い、デュアルパリティでのパリティ情報が2種類2つになっているのではないでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/3/5 10:29
toshi  新米   投稿数: 4
更に検証を進めると、

New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName StoragePool -FriendlyName StorageSpace -ProvisioningType Fixed -ResiliencySettingName Parity -PhysicalDiskRedundancy 2 -UseMaximumSize -NumberOfColumns 7

で作成した仮想ディスクですが、Get-VirtualDiskで見てみるとNumberOfGroupsが1になっていましたので、このあたりに原因がありそうです。

薩摩藩中仙道蕨宿別邸の記事によれば、Windows Server 2016以降で-NumberOfGroups属性が追加され、デュアルパリティにおけるLCRのグループ数をデフォルトの2から変更できるものの、デフォルトでの利用が推奨されている、とのことですが、上記のように明示的に-NumberOfGroupsを使っていないにもかかわらずデフォルトだという2にならなかったようです(あるいは仕様上のデフォルトが1に変更された可能性もありますが)。

謎は深まります。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/3/5 10:42
toshi  新米   投稿数: 4
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName "Storage Pool" -FriendlyName "Storage Space" -ProvisioningType Fixed -ResiliencySettingName Parity -PhysicalDiskRedundancy 2 -UseMaximumSize -NumberOfColumns 7 -NumberOfGroups 2

としたところ、StorageEfficiencyが 57.1%となり、めでたく(?)当初想定どおりの4/7相当となりました。

結局はNumberOfGroupsを明示的に指定しない場合のデフォルト値の違いだったということでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ